国のキャッシュレス・ポイント還元でANA・JALマイルを貯める!還元率3%超のクレジットカード

投稿日:

 

2019年10月1日から消費税率引き上げに合わせ、政府は2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、キャッシュレス・ポイント還元事業を実施します。

実はこの国を挙げた事業によって、5%還元の対象店舗でクレジットカード決済すると、マイル還元率3%を超えるカードが次々に登場しています。

このページでは、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の概要と、ANAマイル・JALマイルが貯まるカードを2枚紹介します。

※正確性について確認しておりますが、これから始まる制度のため、情報に誤りがある可能性がございます。そのため自己責任で情報のご活用をお願いします。

キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

 

キャッシュレス・ポイント還元事業とは、消費増税中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する制度です。

対象店舗でキャッシュレス決済(クレジットカード、電子マネー、スマホ決済など)をすると5%相当が還元されます。フランチャイズチェーンやガソリンスタンドは2%のキャッシュバックです。

予め認可を受けた中小・小規模事業者が対象なので、Amazonや楽天市場なども対象事業者が出品するものは5%還元になりますが、百貨店やユニクロなどの大企業などは対象外となります。

利用方法としては、対象店舗かどうかを確認の上、その店舗が対応しているキャッシュレス決済をするだけで、キャッシュレス・ポイント還元事業による還元を受けることができます。

制度についての詳細はこちらの記事(旅部へリンク)を参考にしてください

 

消費増税後はマイルを貯めるチャンス

 

多くのクレジットカードの還元率は1%前後なので、+5%還元になると6%前後の還元を受けることができます。10万円の決済で6,000円相当が還元されるわけですから、現金払いとの差が大きいですね。

ここで賢い方はマイルに貯まるカードは無いのか?ということを考えると思います。1円よりも1マイルのほうが価値が高いからです。マイルは使い方によっては、1マイル=2〜10円の価値に化けることがあります。

「キャッシュレス・ポイント還元事業」を活用してマイルを貯めたい場合は、還元方法に注意する必要があります。

 

マイルを貯めたいなら還元方法に注意しよう

 

キャッシュレス決済によるポイント還元方法や上限は、決済手段により異なり、大まかに分けて次の4種類があります。

  1. ポイント付与・・・決済額に応じたポイントを還元する方法
  2. 即時充当・・・決済時に、即時ポイント相当額を充当する方法
  3. 引き落とし相殺・・・口座から引き落とす際に、ポイント相当額を引き落とし金額と相殺する方法
  4. 口座充当・・・口座にポイント相当額を付与する方法

資料を確認したところ、多くのクレジットカードは「2〜4」の方法をとっているので、これではマイルに交換することができません。

ANA・JALマイルに交換できる「1.ポイント付与」にて還元を受けることでマイルを貯めることができます。

そこで、ANA・JALマイルに簡単に交換できるカードを見つけましたので、シェアしたいと思います。

 

ANAマイル3%還元の楽天カード

楽天カード

 

CMでもお馴染みの楽天カード。年会費永年無料で、新規入会とカード利用で数千ポイントを貰えます。電子マネーのEdyも使え、楽天系サービスの利用でザクザクポイントが貯まります。カード利用によるポイント還元率は1%です。

キャッシュレス決済による還元は、楽天スーパーポイントで受け取ることができます。つまり、100円で6ポイントが貯まります。ポイントは1ポイント1円相当として、楽天市場や楽天トラベルで利用することができますし、2ポイント=1ANAマイルに交換することができるので、100円で3ANAマイル貯まります。(マイル還元率3%/交換上限は月20,000ポイント迄)

キャッシュレス決済による還元は一ヶ月につき15,000ポイントまで受けることができます。

【 楽天カードのお申込みはこちら

 

<ポイントサイト経由の入会でお得>

モッピー

※投稿時点の情報です

投稿時点の情報では、ポイントサイトを経由して申し込みすると、モッピーで+8,000ポイント、ハピタスポイントタウンで+7,000ポイント獲得できます。(期間限定)

 

JALマイル3%還元の東急カード

TOKYU CARD JMB

 

JALマイルやANAマイルに交換できるカードとして人気の高まってきた東急カードの「TOKYU POINT」。

キャッシュレス決済による還元は、TOKYU CARDの中で券面の上に「TOP」のマークがあるクレジットカードであれば、TOKYUポイントで還元を受けることができます。

具体的には「TOKYU CARD ClubQ JMB(Pasmo付きもOK)」で初年度年会費無料(2年目からは1,000円)のカードです。通常還元率1%のカードなので、キャッシュレス決済による+5%還元で、合計6%還元になります。2,000TOKYUポイント=1,000JALマイルに交換できるので、100円につき3JALマイルが貯まります。マイル還元率は3%となります。

キャッシュレス決済による還元は一ヶ月につき50,000ポイントまで受けることができます。

ただし注意事項があるので付け加えておきます。「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を持っているとJALマイルに交換できなくなったり、逆に「TOKYU CARD ClubQ JMB」を持っているとANAマイルへ交換できなかったりするので、こちら(TOKYUポイントへリンク)をお読みください。

 

<ポイントサイト経由の入会でお得>

東急カード

※投稿時点の情報です

投稿時点の情報では、ポイントサイトを経由して申し込みすると、 えんためねっとの登録で+3,456円、ハピタスポイントタウンからの申し込みで+500ポイント獲得できます。

 

まとめ|政府のポイント還元でマイルを貯めよう

宮古島

 

消費税が2%引き上げとなるものの、この9ヶ月間はマイルが3倍(通常1%⇒3%)も貯まることが分かりました。

ビジネスクラスの特典航空券など、マイルを有効活用すれば、1マイル=5円相当になることも珍しくありません。この場合、100円利用=3マイル獲得=15円相当となり、10万円につき1.5万円もお得になる計算です。

現金払いとの差が大きいので、これを機にキャッシュレス決済をはじめてみませんか。

 

貯めやすいのはANAマイルなので、はじめての方は楽天カードを申し込み、対象店舗でキャッシュレス決済をして、ポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。マイルに交換しなくても、1ポイント1円相当として、多くの使いみちがあるのでお勧めです。

今回は還元率よりも利便性が高くマイルに交換しやすいクレジットカードをご紹介しました。機会があれば、還元率 の高いカードもご紹介したいと思います。

【 楽天カードのお申込みはこちら

 

よく読まれている記事

no image 1

この記事の目次 初心者を代表してマイルが貯まり続ける秘密を聞いてきたマイル(マイレージ)ってなに?マイルでどこへ行こう?飛行機に乗らずにどうやって貯めるのさ?ここで必要なものを一気に揃えよう早速、マイ …

no image 2

【 更新情報:アメックスゴールドの紹介ボーナス特典は不定期で変更するため、記事内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。 】   話ってなんですか〜? ふふふ。200,000マイル分 …

SPGAMEX 3

  SPG(スターウッドグループ)とマリオットグループのポイント制度が2018年8月に統合されました。 SPGアメックス・カードは旅行好きにとっては、現時点で”最強のクレジットカード”です。 …

ソラチカカード入会キャンペーン 4

  陸マイラーの必需品「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」が、入会の大チャンス!なんと最大57,660マイル相当獲得できるキャンペーンが実施されています。 …

ANAアメックスカード 5

  私はマイルを貯めはじめた一ヶ月目に20万マイル相当を貯めることができましたが、それはアメックスの入会キャンペーンを活用したからに他なりません。 今の狙い目は「ANAアメックスカード」の入 …

6

※当記事は2019/9/30時点の情報です ※2018/03/31までの主要ルート。4月からドットマネーからメトロポイント交換不可に。 ※追記:2019年12月27日をもって、LINEポイントからソラ …

-クレジットカード
-, ,

Copyright© マイル部 , 2019 All Rights Reserved.