マリオット統合後もトラベルパッケージ継続決定!変更、改善、改悪ポイントを解説

投稿日:

JWマリオットフーコック島

 

2018年8月のマリオットとSPG統合により、新しいトラベルパッケージが発表されました。

トラベルパッケージとは、ホテル7泊とエアマイルを同時にポイント交換すると、通常よりも必要ポイントが少なくて済む、ポイント交換制度です。

新しいトラベルパッケージの内容、これまでトラベルパッケージとの比較、変更点、改善点、改悪点などを徹底解説しました。

 

 

統合後のトラベルパッケージ変更点

 

旧トラベルパッケージは、航空会社によって付与マイル数が異なり、5つのパッケージプラン&4つのマイル数プランから選ぶことができました。またマリオット系とリッツ・カールトン系のブランドのホテルしか選ぶことができず、SPG系ホテルは対象外でした。

2018年8月からは、よりシンプルなプランへと変更になります。

 

  1. 50,000マイルと100,000マイルの2プラン
  2. マリオットグループのカテゴリー統一
  3. 航空会社の付与マイル数統一(ユナイテッド航空のみボーナス有)

 

新トラベルパッケージは、SPG系ホテルも選べるようになり、航空会社によって異なっていた獲得マイル数に差はなく(ユナイテッド航空のみ10%ボーナス有)、50,000マイルと100,000マイルのみ、選べるようになりました。

 

 

新マリオット トラベルパッケージ

トラベルパッケージ

マリオットトラベルパッケージの必要ポイントは上の画像の通りです。ユナイテッド航空の場合は、+10%のボーナスマイルが貰えます。

新カテゴリーの通常期のポイント、ポイントで7連泊した場合の必要ポイント、トラベルパッケージの必要ポイントを表にしました↓

 

<新トラベルパッケージ:ホテル+エアマイルパッケージ>

新カテゴリー 通常期ポイント/泊 7泊のみ 5万マイル+7泊 10万マイル+7泊
1〜4 25,000 150,000 255,000 330,000
5 35,000 220,000 315,000 390,000
6 50,000 300,000 435,000 510,000
7 60,000 360,000 495,000 570,000
8 85,000 510,000 675,000 750,000

 

次に、トラベルパッケージは、ホテルとマイルを別々に予約するよりも、どのくらいお得かシュミレーションしてみましょう。

新カテゴリー4の無料宿泊は、通常期で25,000/泊ポイントです。ポイントで4連泊した場合1泊無料になりますから、7泊の滞在に必要なポイントは25,000☓6=150,000ポイントです。

また60,000ポイント=12,500マイルで移行できますから、5万マイルまたは10万マイルに単体で交換する場合の必要ポイントは、次のようになります。

50,000マイル=120,000ポイント、100,000マイル=240,000ポイント

 

つまり、新カテゴリー4のホテルとマイルを別々に予約した場合、

  1. 50,000マイル+新カテゴリー4☓7泊=270,000ポイント・・・トラベルパッケージの方が15,000ポイント得!
  2. 100,000マイル+新カテゴリー4☓7泊=390,000ポイント・・・トラベルパッケージの方が60,000ポイント得!

という計算になります。

 

このことから、新カテゴリー4のホテル(通常期、繁忙期)を選ぶ場合、トラベルパッケージのお得感はありますが、新カテゴリー3以下を選ぶ場合は、ほとんど差はないかマイナスになるので、交換前に計算をして確認したほうが良さそうです。

 

 

旧マリオット トラベルパッケージ

旧マリオットトラベルパッケージ

2018年7月31日までのマリオットトラベルパッケージの必要ポイントは上の画像の通りです。

また旧カテゴリーの通常期のポイント、ポイントで7連泊した場合の必要ポイント、トラベルパッケージの必要ポイントを表にしました↓「ホテル+エアマイルパッケージ1」の場合です。

 

<旧トラベルパッケージ:ホテル+エアマイルパッケージ1の場合>

カテゴリー 基本ポイント/泊 7泊のみ 5万マイル+7泊 10万マイル+7泊
1〜5 25,000 150,000 200,000 250,000
6 30,000 180,000 230,000 280,000
7 35,000 210,000 260,000 310,000
8 40,000 240,000 290,000 330,000
9 45,000 270,000 320,000 360,000

 

旧カテゴリー5のホテル7泊と10万マイルを別々に交換した場合、390,000ポイント必要ですが、トラベルパッケージの場合250,000マイルで済み、140,000ポイントもお得なことが分かります。

マリオットやSPGユーザーにトラベルパッケージが人気だった理由は、ここにあります。今までがおトクすぎましたね。

 

 

トラベルパッケージ統合後と統合前を比較

SPGホテル

 

統合前と統合後のトラベルパッケージを比較してみましょう。統合前と統合後の「通常期」の必要ポイントを照らし合わせてみると、次のカテゴリー間が一致しました。

  • 旧カテゴリー1=新カテゴリー1(通常ポイント7,500/泊)
  • 旧カテゴリー5=新カテゴリー4(通常ポイント25,000/泊)
  • 旧カテゴリー7=新カテゴリー5(通常ポイント35,000/泊)
  • 旧ティア3=新カテゴリー6(通常ポイント50,000/泊)
  • 旧ティア4=新カテゴリー7(通常ポイント60,000/泊)

「ティア」というのは、リッツ・カールトンのカテゴリーランクを表します。

 

1,ブリティッシュエアウェイズ、アメリカン航空など

 

旧マリオットトラベルパッケージ「ホテル+エアマイルパッケージ1」(ブリティッシュ・エアウェイズなど)と、新マリオットパッケージの必要ポイント比較表です。

 

<5万マイル>

カテゴリー(旧/新) 旧必要ポイント 新必要ポイント ポイント差
1/1 200,000 255,000 +55,000
5/4 200,000 255,000 +55,000
7/5 260,000 315,000 +55,000
ティア3/6 350,000 435,000 +85,000
ティア4/7 470,000 495,000 +25,000

 

<10万マイル>

カテゴリー(旧/新) 旧必要ポイント 新必要ポイント ポイント差
1/1 250,000 330,000 +80,000
5/4 250,000 330,000 +80,000
7/5 310,000 390,000 +80,000
ティア3/6 400,000 510,000 +110,000
ティア4/7 520,000 570,000 +50,000

 

全体的に必要ポイントが25,000〜85,000ポイントも多くなってしまいました。

 

2,ANA・JALなど

<5万マイル>

カテゴリー(旧/新) 旧必要ポイント 新必要ポイント ポイント差
1/1 220,000 255,000 +35,000
5/4 220,000 255,000 +35,000
7/5 280,000 315,000 +35,000
ティア3/6 370,000 435,000 +65,000
ティア4/7 490,000 495,000 +5,000

 

旧マリオットトラベルパッケージ「ホテル+エアマイルパッケージ2」(ANA、JALなど)と、新マリオットパッケージの必要ポイント比較表です。

上の表を見る限り、ティア4/カテゴリー7のみ、大きな差はないですが、それ以外は改悪と言えるでしょう。

 

3,1マイルあたりに必要なポイントで比較

 

トラベルパッケージの必要ポイント(旧カテゴリー1〜5 vs 新カテゴリー1〜4)を、獲得できるマイル数で割り算します。この比較では、1マイルあたりに、何ポイント必要かを示すことにより、お得指数が分かります。もちろん、値が低いほうが良いです。

 

<旧トラベルパッケージ:ホテル+エアマイルパッケージ1と2の場合>

ブリティッシュ・エアウェイズなど ANA・JALなど
必要ポイント 270,000 270,000
獲得マイレージ 120,000 85,000
1マイル当たりに必要なポイント 2.25 3.18

 

<新トラベルパッケージ:ホテル+エアマイルパッケージの場合>

5万マイル+7泊 10万+7泊
必要ポイント 255,000 330,000
獲得マイレージ 50,000 100,000
1マイル当たりに必要なポイント 5.1 3.3

 

表の比較から、旧トラベルパッケージのブリティッシュエアウェイズの(7泊+12万マイル)が一番お得であることが分かります。ANAとJALのトラベルパッケージは、新旧大きな差はなく、若干悪くなっただけと言えるでしょう。新トラベルパッケージの5万マイル+7泊のプランは、他の数値に比べて割高なので、利用価値はあまり無いでしょう。

 

 

トラベルパッケージの改善・改悪ポイント

マリオット スイート

 

これまでの比較を見ても分かる通り、2018年8月の統合で、トラベルパッケージは「改悪した」と言わざる終えません。

一方で、「改善した」パターンもあるので、みてみましょう。

 

SPGハイクラス宿の必要ポイントが改善

台北SPG

 

SPGは、旧SPGカテゴリー3と旧SPGカテゴリー4のホテルのみ、5泊+5万マイルとポイントを交換する「SPGナイト&フライト」というポイント交換コースを用意していました。

旧SPGカテゴリー3:5泊+5万マイル=180,000ポイント(60,000スターポイント)

旧SPGカテゴリー4:5泊+5万マイル=210,000ポイント(70,000スターポイント)

 

新トラベルパッケージは、最低でも255,000ポイント必要ですから、上記に比べ、多くのポイントが必要になります。

 

一方で、ホテルによっては、必要ポイントが改善されます。

旧SPGカテゴリー3・4以外のホテルでは利用できかなかった「SPGナイト&フライト」が、統合により「トラベルパッケージ」として交換・移行できるようになります。この関係で「SPGのハイクラスホテル☓統合の際にカテゴリーが引き下げされたホテル」という条件では、新トラベルパッケージが有利になります。

 

例えば、台北のWホテル。統合でカテゴリーが6に引き下げられました。

これまで「SPGナイト&フライト」が利用できないホテルでしたので、7泊+10万マイルをそれぞれポイントから交換した場合、宿泊に360,000ポイント、10万マイルに240,000ポイントの合計600,000ポイントが必要でした。

これが新トラベルパッケージでは、510,000ポイントで済むので、統合により90,000ポイントもお得になりました。

 

リッツカールトンの必要ポイントが改善

リッツカールトン

 

もう一つ、必要ポイントが引き下げられた施設があります。それは「リッツカールトン☓統合の際にカテゴリーが引き下げされたホテル」を選択する場合です。

 

例えば、海南島のゴルフリゾートが楽しめる「リッツカールトン 海口」。統合によりティア1から、カテゴリー4へと変更になりました。

7泊+10万マイルの新旧トラベルパッケージで比較した場合、旧400,000ポイントから新330,000ポイントと、70,000ポイントもお得になりました。

リッツカールトングループのホテルで、新カテゴリーが4または5のホテルをチョイスする場合、改善したと言えます。

 

対象ホテルが増えるのはメリット

 

既にトラベルパッケージに申込をしていてサーティフィケートを持っている方は、合併により、SPGのホテルが対象ホテルに加わり、カテゴリー引き下げのホテルもあることから、選択できるホテルが増えます。(逆に引き上げのホテルもありますが・・・)

ホテルの選択肢が増えたので、私もワクワク悩んでいるところです。

 

 

8月の統合前にしておくこと

 

今回のマリオット統合で全体的にポイント消費が多くなるので、トラベルパッケージを利用している方で既にポイントをお持ちの方は、統合前にトラベルパッケージの申込をし、ホテルも予約しておくのが無難でしょう。特にカテゴリーが引き上げられるマリオット系ホテルは、統合前の予約が必須ですね。

先に説明した通り、リッツ・カールトンの新カテゴリ4のホテルを選ぶ場合は、統合後のトラベルパッケージのほうが条件が良いと言えます。

 

未使用のサーティフィケートについて

サーティフィケート

 

私も未使用のサーティフィケートがあるのですが、これについて下記のような発表がありました。

 

 8月より、未交換のサーティフィケートはすべて、カテゴリーベースから統合された新しい特典交換表に示されたポイントベースの値に更新され、新しいサーティフィケートに表示されたポイント値を上限としてリワードまたはSPGホテルでの滞在に使用できます。

 

上記の発表を解釈すると、私のサーティフィケートは旧カテゴリー1〜5のものなので、新カテゴリー1〜4に利用できるものに更新されそうです。

 

まとめ|全体的に改悪、繁忙期の予約は使える

 

マリオットとSPG統合で、トラベルパッケージの大部分が改悪となってしまいます。個人的には、これまでのトラベルパッケージがお得すぎたので、許容できる範囲の変更でした。

しかし、ほとんどのシュチュエーションで必要ポイントが増えてしまいますので、既にポイントを持っている方は、トラベルパッケージの申込を統合前に済ませてしまうのが良いでしょう。

 

今回の記事では、通常期を元に色々なパターンをシュミレーションをしましたが、新プログラムでは、通常期のほかに「繁忙期、閑散期」のポイント設定があります。

繁忙期は無料宿泊に必要なポイントが大幅に増えるので、ホテルとマイルを別々に交換するよりも、トラベルパッケージを利用したほうが有利になる機会がありそうです。逆に閑散期の利用価値は低いと言えるでしょう。

 

私は旧トラベルパッケージで高めに設定されていたリッツ・カールトンの必要ポイントが減額となったので、リッツに7泊したいなーと企んでいるところです(笑)「ビジネスクラス+リッツカールトン7泊8日の旅」・・・ワクワクします!トラベルパッケージは旅を本当に上質なものにしてくれますね。

 

今なら、マイル部からの友だち紹介として、入会特典と通常ポイントの13,000スターポイント(=39,000ポイント)獲得可能です。詳しくは、こちらをご確認ください。

 

よく読まれている記事

no image 1

この記事の目次 初心者を代表してマイルが貯まり続ける秘密を聞いてきたマイル(マイレージ)ってなに?マイルでどこへ行こう?飛行機に乗らずにどうやって貯めるのさ?ここで必要なものを一気に揃えよう早速、マイ …

no image 2

【 6月30日更新情報:現在、アメックスゴールドの紹介ボーナス特典が変更になり、マイル部からの紹介による特典は”初年度年会費無料+最大21000ポイント”です。記事に記載してある特典と異なりますので、 …

SPGAMEX 3

  SPG(スターウッドグループ)とマリオットグループのポイント制度が2018年8月に統合される発表があり、8月以降の制度についても全貌が見えてきました。 SPGアメックス・カードは旅行好き …

4

※当記事は2018/04/01時点の情報です 2018年1月にこれまでのソラチカルートの一部閉鎖が公式にアナウンスされました。 2018年4月1日より、”ドットマネー・Pex・Gポイント・ネットマイル …

5

  AMEXゴールドカードにこれから申し込む方、必見です! 今なら、”友達紹介キャンペーン”でマイル部から紹介させていだくことにより、年会費31,320円が初年度無料+入会特典として3ヶ月以 …

-ホテル
-, , ,

Copyright© マイル部 , 2018 All Rights Reserved.